浅草のお寺 寿仙院 「トップページ」

印刷や文字サイズの変更はコチラから  印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


慶長8年(1603年)開山、伝統ある浅草の賑わいに佇む、皆様の『寿福仙永』を願う寺院

浅草田圃のお寺 日蓮宗 寿仙院

寿仙院縁起

01-hondou.jpg当山は、慶長八年(一六〇三・家康公代)、仙林坊日惶上人により現在の日本橋小伝馬町に創建されました。宗祖を日蓮聖人とし、日什上人門流である日蓮宗の寺院で、山号を泰昭山、寺号を壽仙院と称します。
 当初は、小伝馬町一帯に所在した四丁四方の広さを誇る江戸・法華経弘通の道場、常楽寺の塔頭寺院(塔中寺院の頭)として本寺である常楽寺と共に、常楽院日経上人(京都妙満寺第二十七世貫首)により開山されました。日経上人はその他にも江戸に五十ヶ寺もの寺院を創建し、当山はその一ヶ寺であり、故に当山開祖、仙林坊日惶上人は常楽院日経上人の愛弟子でありました。往時は仙林坊と云う寺号で通っており、常楽寺の学問所的な役割を果たしていました。しかしながら、幕府の命により常楽寺並びに当山は破却(慶長法難)され、さらに明暦の大火(一六五七・俗に云う振袖火事)により当山は常楽寺と共に現在地に移転、再興されました。ところが幕府寺社奉行より、常楽寺と仙林坊は一度破却されているので寺号を改めては如何かとの勧めにより、時の本寺の住職、知見院慶印日忠上人の御名から慶印寺と改称され、同時に時の当山住職、壽仙院日好上人も仙林坊という寺号から同じ『仙』の字を取り、寺門・檀信徒相携えて『壽福仙永』を願う寺院として、御名と共に正式に壽仙院と改めました。日好上人は当山中興の住職でもあり、文献で見るに、延宝五年(一六七七)当時に存在した鐘には【寺内安全】、檀信徒の【利益無窮】を祈念したものが【師範僧 壽仙院日好】の御名と共に刻まれ、【浅草田圃のお寺さん】として親しまれました。


02-image.JPGさて、幕末の当山は、敷地面積は現在の約四倍を有し、正面に慶印寺、左手に壽仙院本堂伽藍並びに稲荷社、右手に寛受院がありました。山門はこの三ヶ寺の入口としてそびえておりましたが、残念ながら現在では唯一、当時からの井戸が現存するのみです。大政奉還後、寺院の本末関係がゆるやかになり、明治二八年(一八九五)には官製地図に当山が表記され、大正九年(一九二〇)、本堂大修繕が施されました。そして翌年、前述の三ヶ寺の合同が策されましたが、当山第三十一世住職・幸昭院泰修日絖上人(権大僧正)の強い意志により反対、当山のみ当地に留まりました。他の二ヶ寺は他所に移転、他寺と合併、或いは単立寺院となりました。ところが大正十二年(一九二二)関東大震災により堂宇損壊、昭和二年に再建、本堂・墓地共に整備され、御本尊も震災犠牲者供養の心を込めて一塔両尊四菩薩が造立、開眼供養されました。また、墓地も当時としてはごく希な、近代的な特設墓地として造成されました。さらに昭和十六年(一九四一)、国策に沿って顕本法華宗より日蓮宗に合同しつつ大東亜戦争に突入、昭和二十年(一九四五)には東京大空襲により、境内は焼夷弾攻撃にさらされましたが、御本尊、納骨堂、墓地は一切無事、難を免れました。戦後の昭和二七年(一九五二)、幸昭院泰修日絖上人の尽力により、総本山である身延山久遠寺から木材八十石が下賜され、その木材によって現在の本堂が建立されました。そして平成元年には外塀大改修を行い、現在に至っております。


02-03sasikomi.jpg江戸初頭、徳川幕府開府の時より四百余年、幾多の難を乗り越え、寺運が衰退することもなく、現在まで脈々と法灯は受け継がれています。ご参拝の皆様には、お題目をお唱えして、お釈迦様、ご先祖様に感謝の祈りを捧げて頂くと共に、何よりこれら幾多の苦難を必ず克服し、大難は小難、小難は無難へと転じつつ、絶やされることのない寺門の運気を皆様が授かり、日々ご精進して頂くことを切に願う次第でございます。皆様に親しまれる皆様の寺院として、浅草・壽仙院は皆様と共に次の百年を歩んで参ります。


ご法事並びにご会食、そのほか催事(教室開講など)承っております。
当山の本堂でご葬儀(一般葬・町会葬・家族葬)も営めます。在来仏教であれば宗旨宗派は問いません。
ご葬儀各種ご祈願、水子供養、仏事のご相談等どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合せはコチラからどうぞ

◎お急ぎの方は、お電話またはFAXにてお問い合せください。
電話: 03-3841-5673(代表)
FAX: 03-3841-5438
メール:info@jusenin.com
※ご葬儀以外の電話受付時間 8時〜18時

寿仙院からのお知らせ

浅草のお寺 寿仙院からのお知らせや行事・活動の内容をご覧頂けます。

sign.jpg

sign-1.jpg






rekigun105.jpg

歴史群像2011年2月号(No.105)

6ページにわたり、活動が記事になりました。
【密林に眠る英霊たちを供養す
『ガダルカナル島「丸山道」を行く』】
文章/寿仙院 住職:﨑津 寛光